あなたの会社の経理事情

経理の重要性

零細企業や個人事業の中には、経理や雑務全てを一人でこなしているところがあります。
経理事務を雇うほど利益が上がっていないというのも分かりますが、きちんとした経理がいれば、それだけ経費を抑えられるという状態になりやすいのです。
まずは経費管理をしっかりすることからはじめるべきですね。

個人経営

個人経営だと社長と言っても全てのことをこなさなければなりません。

いわゆる何でも屋にならなければならない。
ということです。

営業だって自身で行いますし商品を売るためのサイト制作だって自身で行います。
ただ、サイト制作はプロに任せたほうが無難。
理由としては本業がおろそかになりがちということとそれに集中できないからです。

全てのことを自分でやるとなると請求書だって領収書だって自身で行います。
それをするには経理事務だってやらなければならないのです。
でもこちらも会計士や税理士についてもらっていたら簡単な計算だけをし任せてしまうことが出来ます。

違いって?

会計士と税理士っと挙げましたが、同様に、
会計事務所と税理士事務所。この2つもよく名前を聞きますよね。
もし普通の人に違いを尋ねられてもよくわかりませんね?

会計事務所では企業の会計全般を扱っていると思っていいと思いますが、
税務に関することは税理士が行うため税理士がいることが基本なのかと思います。

受ける仕事の範囲が違ってくる。
そう認識したほうがいいかと思います。

会計事務所でも税理士事務所でも経営に関する相談は可能です。
起業したての若い人たちも使っているくらいで、
健全経営のため、または経理事務員を置かないために
会計事務所を利用する賢い手段だとも言われています。

何故に経理担当者だけではダメなのか?

大きな会社だと数人の経理担当者がおり、それぞれに担当の仕事をしています。
例えば買掛金・未払金担当者、売掛金・未収金担当者、実際に現金を扱って銀行業務をする担当者、企業全体の勘定科目を統括する担当者などなど。

中小企業の場合、1人から2人いれば全てのことができるのですが、
大きな会社、中小企業の共通点は税理士に仕事を依頼している、顧問会計士が居るということです。

なぜ必要なのか?
正直言って、経理担当者は税務に関してわからない部分があります。
そのため、毎月の月次決算時に担当してもらっている税理士や会計士へ書類を見てもらいます。
特に確定申告書で悩んでいる個人事業主がいるなら会計は奥様などがされていても、税務申告をきちんとしたものにするためには税理士や会計士を活用したほうがいいのです。

お近くの方はぜひ相談されてみては?

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です