たかしの結婚観

婚活あれこれ

結婚する活動をするとなると、お見合い、結婚相談所、婚活イベントなど、今は昔より結婚活動として使える媒体がかなり増えてきています。自分に適したのがどういうところの綿密に調査して行動に移しましょう。

街全体を使ってのお見合い?

婚活の中でも、最近よく聞くのが比較的カジュアルな街コンでしょうか。
通常のお見合いと比較し参加しやすいということで多くの男女が参加されているようです。

そのネーミングからすると、街全体でお見合いをするような感じを受けますが、
実際はそうではないということがわからない方もいるようです。

これは2011年にサイトとして立ち上げた方が、
その地域で多くの男女の合コンをプロデュースするというもので、
今や日本全国で行われているといっても過言ではありません。

開催したいと思ったら代表者となりそれから打ち合わせをして計画を練っていくものだということです。
お見合いパーティはなんだか気恥ずかしいと思う方は大勢の参加者がいる街コンからはじめてみてもいいと思います。

時と運

結婚したいという気持ちがあっても焦っていてはダメなのかと思います。

時と運。
まさにそれがチャンスとして巡ってこなければ他人が結ばれることはありません。

結婚したいという気持ちがないときにそれが来る。
そのようなケースもざらにあるのです。

好きと言われてピンとこなくても一緒の時間を過ごすことで「この人なら一緒に暮らすことができるかも」
と思えてくることもあるのです。

結婚相談所やお見合いというものは
長い歴史が裏付けるように、忙しい現代人にとっても出会いの場を得る手段として有用です。
今はネットでも婚活サイトはいろいろあります。
とにかく「出会いがない!」という人はサイトをのぞいてみてはどうでしょう?

長いお付き合いで結婚できる?

少し話はそれますが…
本音が言える場所で複数の方から聴いた話です。

ほとんどの方が長いお付き合いで結婚していないということがわかりました。
結婚を意識してお付き合いしていても結ばれなかったカップルはたくさんいるようです。

長いお付き合いをした男女が別れ、その後に付き合った異性とは3ヶ月でゴールインした。

海外転勤の話を蹴ってもたった数ヶ月付き合った女性を選んだ。

このような男性もいました。
結果はどうだったのか。

かみさんを選んで正解だったといってますし、その方のお子さんはすでに高校を卒業し専門学校に通っていますが、奥様とは度々外食にも行く仲の良さです。

長くお付き合いした男性がいた女性でも、40を過ぎても未だに結婚していない方もいました。
付き合いの長さで結婚が決まるということでも無さそうです。

尊重しあう

最後はちょっと深い&いい話で〆を。

他人が一緒に暮らす上で欠かせないことは
お互いを尊重しあう、感謝しあうということに尽きると思います。

嫌な部分もあるでしょう。

それに目を潰れるか否かで長く生活できるか決まってきますが、
感謝していることがあり、嫌な部分もそれでチャラに出来るのなら
とても良い関係を築くことができます。

尊重しあうというのは、押し付けない、
好きな事をしているときに邪魔をしないでそっとしておくなどがあります。

ただし、家計に響くようなことがあってはいけません。
家庭を壊すおそれがあることについては尊重という言葉は当てはまりません。

一緒に暮らしていく中で経済面、精神面でも壊れないものを
尊重しあうということになります。

ハイクラスな出会いが期待できるかも…!

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です