大型犬へ贈る。どじっこラブラドール

どん太のぶろぐ

てんかん 病気

【犬のてんかん】てんかんと付き合っていく。

投稿日:

  • わたしは、獣医さんでも、動物看護士さんでもありません。
  • 調べたことや、やってきたことが正しいかはわかりません。

わたしの大事な家族【ラブラドール】は、12歳のとき

ある日突然てんかんになりました。

 

医療の専門知識もない。

でも、必死に、藁にも縋る想いで

ただ、大事な家族と一緒に、てんかんとたたかってきました。

 

わたしと同じように、てんかんで苦しんでいる方に、少しでも届いてくれたら…。

そんな想いでこの文章を書いています。

 

犬もてんかんになる

てんかんという病気を聞いたことがありますか?

てんかんは、あるとき突然脳の神経回路がショートしてしまい、発作が起きるという脳の病気です。

発作には個人差があって、

  • 単にぼーっとしている様子だけの軽い発作から、
  • 全身が痙攣して意識がなくなってしまう発作まで、

さまざまです。

 

てんかんは、発作を繰り返せば、繰り返すほど

脳に損傷を与えてしまう、という病気です。

 

てんかんになったとき、大切なことは、

いかに発作を抑えるか、発作の回数を減らすか、ということです。

 

わたしは、"てんかん"は人間の病気という勝手なイメージがありました。

でも悲しいことに、犬や猫もてんかんになってしまうのです。

 

てんかんは、薬で発作を抑えることができたとしても

今の医学では完全に治すことはできない病気だそうです。

 

ついさっきまでは普通だったのに、

元気に遊んでいたのに、

ごはんを食べていたのに

 

突然、てんかんの発作が起こります。

幸せな日常と、発作が起きたときの、

天国から地獄に突き落とされるかのようなギャップ。

 

てんかんと他の病気の一番の違いは、このなのではないかと思います。

 

発作が落ち着けば、また少し

元気を取り戻せる可能性があるという反面、

 

いつどこで起きるかわからない発作の恐怖に常に追われる。

それが、この病気の恐ろしさでもあります。

 

どんな病気であっても、大事な家族が病気になるのは本当に辛いことです。

それに加え、てんかんは、見守る側のわたしたちに

かなりの精神的な負担を与えてきます。

 

てんかんになってしまった家族を支えること以外にも

自分たちがしっかりとしていられるよう、

精神的に強くいなければいけない、そんな病気だと感じます。

 

犬のてんかん。【先天性】のてんかんと【後天性】のてんかんがある

先天性のてんかん

先天性のてんかんは、遺伝だったり、生まれつきてんかんだったなどの原因で発症します。

ただ、たとえば

  • 子犬の時から発症するとも限らず、
  • 1歳や2歳になってから突然てんかんの症状がでることもある

そうです。

そして、

  • なんと1回発作が起きたら、そのまま2度と起きないケースや、
  • 1年に一度程度の発作といったように

症状はほんとうにそれぞれだ、といいます。

わたしの調べてきた印象だと、

先天性のてんかんの場合は、

わりと軽い発作が時々起こる程度のことが多いように思います。

 

もちろん個人差があるので、なんとも言えませんが。

 

後天性のてんかん

後天性のてんかんの場合は、長い間

全くてんかんの様子がなかったのに、突然発作が起こります。

 

後天性のてんかんは、必ずしもてんかんだけが原因で発症するわけではありません。

たとえば、体にできた腫瘍が原因となって、てんかんを誘発するというように、

ほかの何かの影響があって、

てんかんになってしまう、というケースも多いようです。

 

後天性のてんかんで、原因が体内にある腫瘍だった場合には、

その腫瘍の症状も大きく影響します。

 

先天性に比べると、

後天性のてんかんのほうが、発作の頻度や度合いが強いのではないかと

わたしは思っています。

 

犬のてんかんは薬で治るのか?

結論から書くと、てんかんの薬はあります。

ただ

  1. 6割のコは、薬とうまく付き合うことで、だいぶ抑えられる
  2. 残り4割のコは、合う薬がなくて四苦八苦する

と、先生に言われました。

 

実際、うちは残りの4割のほうでした。

てんかんで使われる薬は、抗てんかん薬と呼ばれるものです。

脳の興奮を抑えるものですから、容量が非常に重要になってきます。
薬を与えすぎてしまっては、意識をはっきりすることができない
薬が足りなければ、発作を抑えることができない

という難しい種類のお薬です。

 

抗てんかん薬の副作用

抗てんかん薬といっても、種類は一つではありません。

たくさんのお薬があって、合うものを探していきます。

ただ、興奮を抑える系統の薬なので、種類が異なっていても

副作用などはどれも似たようなものだなという印象です。

 

具体的には

  • ぼーっとしている
  • よく眠る
  • ふらつく
  • 突然倒れる。予測できない方向に転ぶ。
  • わけがわからず、吠える、なく

といった副作用です。

 

てんかんの原因は、ざっくりいうと、脳が興奮しすぎることです。

 

その脳の興奮を抑える薬なので、抗てんかん薬を使うと、

  1. 少なからず、ぼんやりしたような
  2. ぼーっとしているような状態になる。
  3. そして、寝ている時間も増えるように。

明らかに神経を鈍らせている、そんな状態です。

 

うちの場合は、基本的に

薬はあまり効きませんでした。

 

それでも、少しでも発作が起きる可能性を減らすため

合わない薬をあげなければいけません。

 

なのに、副作用だけが際立ってしまうんです。

 

薬のせいで、立てない。まっすぐ歩けない。

予測できない方向に突然倒れる。

 

いちばん怖かったのが、転んで頭を打つことです。

普通なら、そんな転び方は絶対にしない。そういう転び方をします。

  • 頭から前のめりに、転んだり
  • 立っていたのに、いきなり真横にバタッと倒れたり。

 

このまま薬をあげ続けていていいのだろうか。

 

そう思わずにはいられないほど、薬の副作用というものを実感します。

 

でも、てんかんで大切なことは、いかに発作を抑えるか、ということ。

 

なるべく副作用の少ない薬を選んで

少しでも発作を減らせるように、

抗てんかん薬と、うまく付き合わなければいけないのです。

 

てんかんについて、書いた理由

わたしの大事な家族【ラブラドール】は12歳のとき、

ある日突然てんかんになりました。

 

"てんかん"は『人間の病気』という勝手なイメージがありました。

でも悲しいことに、犬や猫にもてんかんがあると知ったのです。

 

また、身近にてんかんという病気がなかったため

何となく"発作が起きる病気″くらいの認識しかありませんでした。

 

大事な大事な家族が、てんかんだとわかったときは

ほんとうに、絶望のひとことでした。

 

でも、それでもなんとか良くなる方法はないものかと

気力を振り絞って、ネットを読み漁りました。

 

今でこそ、犬のてんかんと検索すると多くの情報が出てきます。

しかし、わたしが本当に求めていた時期には

残念ながら今ほどの情報はなかったのです。

 

わたしは、獣医さんでも、動物看護士でもありません。

調べたことややってきたことが正しいかはわかりません。

 

でも、必死に、藁にも縋る想いで

ただ、大事な家族と一緒に、てんかんとたたかってきました。

 

昔よりも情報が増えたけれど、

わたしが辛く悩んだように

同じように苦しんでいる方に、少しでも届いてくれたら…。

そんな想いでこの文章を書いています。

-てんかん, 病気

Copyright© どん太のぶろぐ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.